全成分表記義務

化粧品の全成分表示の意義とは

化粧品を販売するにあたって2001年4月以降、全成分を表示することが義務づけられました。販売する化粧品に使われている成分について、含有量が多いものの順に全成分を表記しなければいけなくなったわけです。

これによって一般消費者に対して化粧品を選択するうえで安全性を自己判断できるようにする意図が込められています。言い方を変えれば「自己責任」で選びなさいということ。

それまで化粧品にどのような成分が使われているのかは指定成分以外は分からなかったのが現状です。 ですから「無添加化粧品」と謳っていても指定成分以外の添加物については何が入っているのか全く分からなかったわけです。

しかしながら国の指定成分以外の添加物でもお肌に良くなかったり発ガン性を指摘されているものは無数に存在しますので、そういう成分が使われていても指定成分が入っていなければ「無添加化粧品」と表示されていれば肌に良さそうと思ってしまう誤解が生じます。

全成分表示義務されたことで消費者も知識を持って調べることで肌に危険な成分が入っているものを避けることが出来るようになったという点で意義深いものです。

化粧品のキャリーオーバーについて

せっかく化粧品の全成分表示が義務化されたものの、実は完全に成分を把握することは出来ません。

なぜかというと化粧品原料には「キャリーオーバー成分」というものがあるからです。

キャリーオーバー成分というのは原料抽出のために使われる成分や、原料安定のために使われる成分のことで、こういった成分については実は表示義務の対象外なのです。

無添加石鹸についても一応全成分が確認できるため、添加物が極力使われていないものを選択することは出来ますが、本当に添加物が入っていないのかこのキャリーオーバー成分については分からないため結局のところは全てについては分からないといえます。

洗顔石鹸においてはそんなに極度に添加物を危険視する必要性は実際無いのですが、なんか中途半端な義務化だなぁとは感じてしまいますよね。

最終的には化粧品は使ってみないとお肌に合うかどうかは分からないので、成分については確認はした方が良いですが神経質になってもしょうがないという見方もできます。

おすすめの無添加石鹸

商品名 価格 特徴
3,675円 またいちの天然塩を配合したミネラル分たっぷりの無添加石鹸です。洗い上がりのしっとり感は中々の使い心地です。
1,260円 正真正銘の無添加石鹸。豆乳を使って作られた石鹸で、魔女たちの22時などでも紹介されて今物凄く売れています。
2,940円 特徴が無いといえば無いのですが、成分がシンプルでお肌にとにかく優しいのは確かです。

肌の悩みで選ぶ洗顔石鹸ランキング

シミ・くすみ

保湿・乾燥対策

敏感肌・乾燥肌