洗顔方法

洗顔に適した水温は何度くらい?


毎日の洗顔はスキンケアの最も基本になりますので重要ですから正しい洗顔方法について知っておきましょう。

洗顔に適した水温はどのくらいだと思いますか?

これは「ぬるま湯」が最も適しています。
温度でいうと35℃前後くらいです。

まず熱いお湯が駄目な理由は乾燥しやすくなるからです。お肌の表面の温度が高くなることで肌の水分が蒸発してしまうわけです。

乾燥は美容の敵ですから熱いお湯は禁物ということになります。

反対に冷たいお水だと皮脂があまり取れません。

基本的には冷た過ぎない程度に冷温の方が余分に皮脂を取り過ぎないためスキンケアとしては好ましいと言えますので、ぬるま湯といっても「冷たすぎない」程度の水温であることに気をつけてください。

毛穴の黒ずみを綺麗に取りたい場合には


小鼻が黒ずんでいるのを何とかしたい!

こういう方は洗顔前に蒸しタオルで1分くらい顔を暖めると毛穴が開いて毛穴の中で酸化した皮脂が取れやすくなります。

蒸しタオルはタオルを水で濡らしてサランラップを巻いてレンジでチンすれば簡単に作ることができます。

また、毛穴の中の汚れを取るには通常の洗顔石鹸では粒子が大きいため難しく、つかってみんしゃいよか石けんや、美シーサーといったクレイの洗顔石鹸を使うと泡の粒子が極めて細かいため毛穴の中に入り込んで汚れが取れやすくなります。

要は蒸しタオルで毛穴を開いて、クレイの洗顔石鹸で顔を洗うというのが毛穴の黒ずみをとるのには適したケアです。

ただ、顔を蒸しタオルで暖めると乾燥しやすくなりますので、洗顔はやや冷ためのぬるま湯を使用し、洗顔後は必ず化粧水でたっぷりと保湿をしてください。

毛穴ケアに最も適した洗顔石鹸はこれです   
>>> くちゃ石けん美シーサー

泡洗顔に適した洗顔石鹸はどれですか?


年とともに増える「しみ」「くすみ」「そばかす」
鏡を見て気づくと嫌になりますよね。
このシミの原因として洗顔時の摩擦によってシミを生み出している場合もあります。

その対処法として泡洗顔が推奨されていますが、
泡洗顔を行う上でどんな洗顔石鹸を使うのが良いのか?

おすすめは私が普段愛用している無添加石鹸の「美シーサー」です。

美シーサーは沖縄の限られた地域でしか取れない「くちゃ」と呼ばれる
極小粒子のクレイ(泥)を使って作られた無添加の洗顔石鹸です。

特徴として、

●泡立ちが良い
●泡の弾力が凄い
●粒子が細かく毛穴の中まで汚れが良く取れる
●柑橘系の非常に良い香りがする
●肌にとても優しい


こういった特徴があり、泡洗顔を行うのに非常に適しています。

泡パックをすることもできるほど弾力性のあるきめ細かい泡ができて、
香りも良いので洗顔するのが楽しくなりますので興味のある方は
一度使ってみてください。

おすすめの無添加石鹸

商品名 価格 特徴
3,675円 またいちの天然塩を配合したミネラル分たっぷりの無添加石鹸です。洗い上がりのしっとり感は中々の使い心地です。
1,260円 正真正銘の無添加石鹸。豆乳を使って作られた石鹸で、魔女たちの22時などでも紹介されて今物凄く売れています。
2,940円 特徴が無いといえば無いのですが、成分がシンプルでお肌にとにかく優しいのは確かです。

肌の悩みで選ぶ洗顔石鹸ランキング

シミ・くすみ

保湿・乾燥対策

敏感肌・乾燥肌